エッセイ

セルフ精神と時の部屋

エッセイの呼吸41

一人の時間は好きだ。でも、思考が先に行き過ぎてしまって、わけのわからないことになるときがある。自分と向き合うことは大事だけれど、他者とのつながりも大事にしないと自分が保てないものだ。

自分の言葉が通じなかったり、他者の意図が汲み取れないと煩わしく感じる。自分は取らない選択や行動、卑しい感情に触れると、それだけに支配される時間が流れて消耗する。

人はふだん付き合いのある交友関係の平均になるといわれる。その人自身の性格とは別に環境によって大きく影響されるということ。だからこそ、なりたい自分を思い描いたとき、そのための能力を高めるより先に、なりたい自分に近い人たちとの付き合い持ってしまうのが方法としてある。

自分とビジョンの解離を感じたときに、怖くても新たなコミュニティーへと飛び出すのがいい。解離は時間とともに致命傷となっていくから。

今日もユウブログに来ていただき、ありがとうございます。
この内省が強みとして貢献できる道へ。

-エッセイ