エッセイ

今までこれからもミニマリスト

エッセイの呼吸40

ここ数ヵ月で荷物が大分と減った。人ってそんなに物を持っていなくても生きてゆける。贅沢しないということではない。節約生活でもない。実用的なもの、好きなものって、そんなにたくさんなくても十二分に幸せだということ。私はだけれども。

紙の本が今でも好き。でも、気づいてはいたけど、年に何回も開く本は限られている。中には分厚くて重たいものもある。出かけるとき、電車の中でどの本を読もうかと選ぶのが好きだったし、ブックカバーは気に入っていた。でも、もう、その生活とはおさらばした。

電子書籍版になっているものしか買わなくなった。もともと一冊読み終わってから次の本に移るわけじゃなくて、並行して読んでいた。すると鞄の中は基本的に二冊入れていた。重い。紙の質感は好きだったけど、持ち運びが楽になることと、いずれは処分する日が来ることを知っているから、捨てるにしても売るにしても、その時間がもったいないから、紙の本を卒業した。

書類は全捨て。専門書は電子版がないことの方が多くて困る。でも、読んでアウトプットすればいいと割り切っている。まだ冊子のものが何冊かあるけれど、いずれゼロにする。これが気持ちいい。

なんでもかんでも減らそう、無くそうという気はない。結局実用的なもの、好きなものしか生活に関わってこないので、本当に必要なものってどれかを見つめ直しているということ。そうすると、愛着のあるものとか、ときめくものしか残らなくて、その空間が心地良いし、変に気が散らなくて済む。作業は捗る。

いわゆる、最近流行りのミニマリズムだ。でも、以前から少しずつ進めていた。やっぱり、この行動が好転させてくれている気がする。もすこし、続ける。

今日もユウブログに来ていただき、ありがとうございます。
八畳くらいで生きてゆける。

-エッセイ
-